親父の独り言
自分でも年食ったなぁ と思いながら自由に生きようと決めた 忘備録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ほんのひと時


誘いには乗ってくれる
二人で行動することも決して否定しない。

食事の後、イルミネーションの祭場へ
ビールを回し飲みしながら 写真を数枚
肩に頭の重さがかかってくる。

手を握ろうとするとすり抜けていく




握手で別れ電車へ
後悔で頭の中が一杯になってしまう。

もう一度、食事の後に時間を戻せたらいいのに


スポンサーサイト

まさか この年になって

まさかね、この年になって 
夜も寝れない、食欲もない 状態に陥るなんてね

自分でも信じられんわ

しかも、結果で親父が死んだ時(8年前)以来の大泣き
泣くかぁ 大男が・・・・・

今朝はすっきりした気分だったけど
時間が立つにつれ よどんだ気分になってくる。

なんとか 切り替えして リフレッシュしんとな

SNSなんかでは書けない
けど、何か残しておきたいとキーボードを叩く

この気持ちを忘れないように

年行くと引かなあかん要素 大きなるわぁ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。